日本先天代謝異常学会会則

第1条 本会は日本先天代謝異常学会Japanese Society for Inherited Metabolic Diseasesという。
第2条 本会は、先天代謝異常の研究を促進し、病態代謝、及び代謝疾患に関する研究、研修の充実に寄与し、会員相互の連絡、内外関連機関との連絡を図ることを目的とする。
第3条 本会は前条の目的を達成する為に、毎年1回総会(学術総会、及び議事総会)を開くほか、アジア先天代謝異常学会、適宜講習会などを開催する。
第4条 本会の事務局は、東京慈恵会医科大学小児科学講座内におく。
第5条 正会員は本会の目的に賛同し、第6条の所定の手続きを完了したものとする。
第6条 正会員になろうとするものは、評議員1名の推薦をうけ、所定の申込み用紙に必要事項を明記し、会費をそえて事務所に申し込み、理事会の承認をうけなければならない。
第7条 名誉会員は、本会の趣旨に関して特に功績のあったもので、理事会の推薦にもとづき、評議員会および総会で承認されたものとする。名誉会員は、会費が免除される。
第8条 企業会員は、本会の目的に賛同し、本会の事業を支援しようとするもので、所定の申込み用紙に必要事項を明記し、別に定める会費と共に本会事務所に申し込み、受理される事で承認とする。
第9条 本会は、次の役員をおく。
会長1名、評議員若干名、理事長1人、理事若干名監事2名、幹事若干名。
第10条 会長は理事会において推薦され、評議員総会の承認を得るものとする。会長は本会を代表し、学術集会、議事総会、評議員会を主催する。
第11条 会長、次期会長は当該年度の理事会に出席し意見を述べることができる。
第12条 評議員は、正会員中より選出される。選出方法は別に定むる所による。評議員は評議員会を組織し、会長および理事長の諮問に応じて重要事項を審議する。
第13条 理事は、評議員の互選により選出される。理事は、理事会を組織し、庶務、会計、渉外連絡、その他学会の運営に関する事項を処理する。
第14条 理事長は、理事の中から互選され、必要に応じて理事会を招集し、その議長となり、理事会の業務を総理する。
第15条 幹事は理事長の委託とする。幹事は理事長を補佐し、庶務、会計、編集などの実務を担当する。
第16条 監事は、評議員の互選で選ばれ、会計状況、理事の業務執行状況を監査し、その結果を理事会、評議員会、総会に報告する。
第17条 役員の任期は3年とするが、重任を妨げない。
第18条 会長の任期は、選出された総会の終了より、時期総会終了までとする。
第19条 本会の会計年度は4月1日より翌年の3月31日までとする。
第20条 総会は、会員の10分の1以上、評議員会は、評議員の4分の1以上、理事会は理事の2分の1以上の出席を必要とする。但し、委任状を認める。
第21条 この会則は、理事会、評議員会、および総会において、出席者の3分の2以上の賛成を得て、変更することができる。

附 則

第1条 本会の正会員の会費は、年額10,000円とする。       
第2条 退会しようとするものは、その旨を事務所に申し出るものとする。但し、すでに納入した会費は、返却しないものとする。また、3年以上会費未納の場合には、自動的に退会とみなされる。
第3条 評議員は、正会員15名に1名の割合で会員中より選挙により選出される。投票は10名の制限連記、無記名とする。なお、このほかに、理事長は必要に応じて、理事、評議員を若干名推薦することができる。但し、評議員の資格は投票締切日において満65歳未満とする。
第4条 理事の定数は評議員の約4分の1とする。
第5条 企業会員は、1口5万円、毎年1口以上の会費を納入するものとする。
第6条 理事長は必要に応じて理事の中から副理事長1名を指名することができる。
第7条 本会則は、平成27年11月13日より実施とする。
  • ニュースレター
  • 日本先天代謝異常学会からの提言・意見
  • 検査依頼施設
  • 診療指針
  • 食事療法ガイド
  • 先天代謝異常症患者登録制度
JaSMIn
  • 企業会員一覧
  • リンク
  • 事務局連絡先
  • 学会からのお知らせ
  • 第59回日本先天代謝異常学会総会
  • ICIEM2017